「単価」「売価」に関しましては
こちらよりお問合わせください。
プロモーションをスマートに。
もっと魅力的に。
特許出願済み
情報提供システム、及び情報提供方法
特願2019-106845(JAPAN in JAPAN、JFM関連)
「観光カード」は、「ふるさと納税」「ご当地キャラ」のように全国に普及しつつあるコンテンツです。

当社でご提供する「観光カード」は、拡大する観光市場が対象であり、実績を積み重ねています。
福島県各地方自治体、商工会議所、地元金融機関、行政、各種団体の観光促進、販売促進や交流人口拡大のツールとしてご活用ください。

「観光カード」は、「ふるさと納税」「ご当地キャラ」のように全国に普及しつつあるコンテンツです。

当社でご提供する「観光カード」は、拡大する観光市場が対象であり、実績を積み重ねています。
福島県各地方自治体、商工会議所、地元金融機関、行政、各種団体の観光促進、販売促進や交流人口拡大のツールとしてご活用ください。
全国100以上の自治体で利用されている
「観光カード」のご紹介

持続可能な観光情報配信

カード発行枚数160万枚を超え、
熊本市では3万枚以上消費されました。

※2021年10月13日現在

全国のJFM利用自治体

JFMとは、JAPAN in JAPAN for municipality
(自治体のためのJAPAN in JAPAN)の略です。

JAPAN in JAPANの仕組みを利用した各自治体専用の10言語観光サイトを無償にてご提供しています。
併せて自治体・企業がJFMを利用し観光客(訪日客含む)へPRするためのツールもご用意しております。
※情報提供システム、及び情報提供方法 特願2019-106845

JFMをご利用の際は、各都道府県の総代理店にお問い合わせください。

日本全国津々浦々から1万枚以上の観光写真を集め、10言語で紹介しています。
あなたのまだ観たことのない「日本の中の日本」をご案内いたします。

※10言語は、英語・中国語(簡体)・中国語(繁体)・韓国語・タイ語・イタリア語・スペイン語・フランス語・ベトナム語・日本語


JAPAN in JAPANの登録自治体数が1,000を超えました。
登録自治体数1,013 掲載写真数 14,030枚(2020年5月29日現在)引き続き、日本の隅々を世界へ紹介して参ります。

コロナの影響で、当面は地元住民に地元のすばらしさを、そして気づいていない地元の観光地を知るために役立ていただきたいと考えています。

国際観光市場

国際観光市場は、2018年14億人市場。
自動車産業よりも大きいです!



日本政府は2030年に
6,000万人の訪日客を目指しています

※「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」議長 安倍総理

日本の観光市場において独自のツールがあれば拡大市場へ独占的に提供できます。
今回ご案内の企画は、特許出願済みです。

JAPAN in JAPANとJFM


既存の観光パンフレットをカードにしてWEBと連動させました。特許出願済み。

JAPAN in JAPANカードは
地元住民にも大好評

熊本市複合施設「サクラマチクマモト」でのラックの様子です。
1週間で3万枚消費!
赤枠の部分が観光カードの展示場所
皆さん興味深々。「綺麗だねぇ」の声多数
こんな場所があったんだ!との声
カードを選ぶのに黒山の人だかり
既存の観光パンフレットとJAPAN in JAPANカード持ち帰り数比較

観光パンフレット JAPAN in JAPANカード
9月14日在庫 2,907冊 90,000枚
9月20日在庫 1,778冊 58,227枚
1週間消耗数 1,129冊 131,773枚


観光カード事例集


名刺としての利用その1


対象:商工会議所、地元金融機関、行政、各種団体
特徴:名刺として配布するため、表面の観光写真を裏面上部へ配置。

名刺としての利用その2


対象:商工会議所、地元金融機関、行政、各種団体
特徴:表面が観光写真。観光地PRをメインとした名刺。名刺情報は裏面上部のみ。

漫画イラストの利用

表面の写真は、イラストでの代用可能。持ち帰っていただくために著名なイラストが有効です!

イベントPR観光カード
(静岡県袋井市ラグビー場PR+FDA)

日本遺産PR観光カード
(文化庁)

対応言語を1言語(英語)とし「日本遺産」をPRするカード。言語別にカードをご用意。

飲食店PR観光カード 表面
(広島市151店舗)


飲食店PR観光カード 裏面
(広島市151店舗)
※全151種類のうち抜粋


©2021 onenet inc.

持続可能な観光情報配信

観光情報と紐付けると効率よくさまざまな情報が配信できます。

観光サイトに告知したい場所を
紐付ける

JFM(自治体10言語観光サイトは原則無償提供)

観光をフックにして
「ふるさと納税」を告知

情報を観光カード化すると拡散が続きやすく、
持続可能な情報配信になります。

JFM商品詳細

カード

自治体向け・企業カードともに印刷価格は同じです。
版下制作費用

掲載内容、写真変更の都度かかります。

カード翻訳費用

自治体のカードを作る際に初回のみかかります。企業カードは不要。

カードの増刷費用

カードを増刷する際に手数料としてかかります。

付記

・企業カードは、変更可能部分をデザイン可能
・自治体カードもイベントに応じて変更可能
・カード毎にアクセス数を把握できるようにQRコードを変更
費用につきましては各都道府県ごとに異なります。
詳しくはお問い合わせください。

ラック・ケース

現在3種類のカードラック・カードケースをご用意しております。
価格に関しましてはお問い合わせください。
観光カード収納ラック キャスター付

観光カード収納ラック 持ち運び用

観光カード収納ケース

ソースコード

JFMのアクセスを増やすために無料でソースコードをご提供しています。
既存の自治体観光サイトまたは企業サイトへごソースコードを貼るだけで下記の部分が表示されます。

既存のサイトへ掲載することにより、JFMへのアクセスが増加!

QRコード発行

JAPAN in JAPANカード以外のパンフレット等に掲載するQRコードの発行。
※JAPAN in JAPANカードに掲載されているQRコードはこちらには含まれません。
QRコード発行時の注意事項
1.自治体等が自前でJFMを紹介するQRコードを発行することは出来ません。
2.発行部数によるQRコード発行は停止いたします。
3.QRコードには3つの要素を入力できます。
(例) 場所、カードの種類、発行時期等。

店舗登録